メッセージ

ト部治久社長からのメッセージ

はじめに

私が社長になったのは2008年です。当時はリーマンショックもあってマーケットも不安定でした。新しいことにいろいろ挑戦するのですが、なかなか成果が出ませんでした。本格的に軌道に乗ったのは、ようやく最近のことです。良くなってきたなという現場の雰囲気を今ひしひしと感じています。

人づくりの一番の取り組みは、みんなでしっかり話し合う場を積極的に設けたことです。常務以上の役員、幹部社員、店長やマネージャーの横のつながりとか、コミュニケーションの風通しが良くなったことが会社の強さに直接的につながりました。私のゴールは、全社員がそろってうちの会社が大好きだ、うちの会社を一番良くしたい、と思ってくれることなんです。社長としてこれほどこころ強いことはないですからね。人づくりの到達度は、私が社長になってから今が一番いい状態にあると思います。

過去に厳しく数字を求めた北風の時代もありましたが、今は社員の自覚、やる気、チームワークに任せる太陽の時代です。下手をすると緩むので難しい面もありますが、良い商品を扱って、良いお店をつくり、それにふさわしい体制を敷いていますから、社員が明るく元気に一生懸命働こうという気持ちになりさえすれば、数字は必ず出ます。大事なのは、その目標をやりきるために本当にどうしたらいいかをみんなで一生懸命考え、実践することです。それさえできたら、お客様からは絶対支持され、数字も必ず上がり、チームのみんなも働いてすごく楽しいはずです。

実は、創立50周年を迎えた2016年1-6月の販売実績が対前年比で全国74あるカローラ店の中でトップになりました。日本一達成を祝って、店長・マネージャーと一緒にお酒を飲む機会を設けましたが、本当にみんな楽しそうでしたね。この喜びが全社に行き渡るよう、各店舗、地域でも夏にお祝いを兼ねて納涼会を開きました。人材確保の面では、人手不足で良い新入社員を採ることが難しくなってきています。地元の営業・技術・事務職の人材を確保するため、自前で県認可の職業訓練校を設立しました。

↑ TOP