お問い合わせ・資料請求・試乗予約・購入予約はコチラ

特徴

EV走行距離 EVモードで、
日々の移動を
ほぼまかなえます。

満充電からのEV走行距離が、従来モデルから2倍以上も延長したプリウスPHV。普段の運転のほとんどをEVモードで楽しめます。

EV走行距離 68.2km

JC08モード(国土交通省審査値)
EV走行距離(充電電力使用時走行距離)
*メーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイールを装着した場合、55.2km。
■写真はA。ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉はメーカーオプション。

HV走行 ガソリンで走っても、
トップレベル*1の低燃費。

低燃費のハイブリッド走行を誇るプリウスのハイブリッドシステムをベースとしているため、ハイブリッド燃費はトップレベルです。

ハイブリッド燃料消費率 37.2km

JC08モード(国土交通省審査値)
ハイブリッド燃料消費率
*メーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイールを装着した場合、30.8km/L。
*1. 2017年2月現在。ガソリン乗用車。トヨタ自動車(株)調べ。
■写真はA。ボディカラーはアティチュードブラックマイカ〈218〉。 ■写真は合成です。

EV加速 群を抜く加速感。
しかも静かなまま。

モーター2個分の力で走る「デュアルモータードライブ」システムが、パワフルなEV加速性能を実現しました。

■写真はA “レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド〈3T7〉はメーカーオプション。215/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイールはメーカーオプション。 ■写真は合成です。

充電 ご家庭のコンセントからでも。
もちろん急速充電*2スタンドでも。

100V電源の「普通充電」なら、今あるご家庭の配線を利用できます。急速充電なら、約20分で満充電量の約80%まで充電可能です。

*2. 急速充電インレットはSを除く全車に標準装備。Sにメーカーオプション。
■写真はA。ボディカラーはシルバーメタリック〈1F7〉。

ソーラー充電システム イメージは光合成。
太陽光を走るエネルギーに*3

大型ソーラーパネルを車両ルーフに搭載し、駐車中に太陽光をEV走行用エネルギーに変えるシステムを実現。

最大充電量 6.1km/日※4

*平均は2.9km/日(ソーラー充電システムによる駐車中発電量のJC08モード電費換算値)

*3. ソーラー充電システムはS“ナビパッケージ”、Sにメーカーオプション。
*4. 太陽光発電協会の定める「表示ガイドライン(平成27年度)」に基づき、下記条件で駆動用バッテリーへの充電量を算出し、EV走行距離への換算を行っています。【車両状態】方位:真南、角度:0°【日射量データ】 名古屋、1990年から2009年の平均年の日ごとのデータ(出典:NEDO)【計算数値】■太陽電池損失/温度補正係数:<4-5月及び10-11月> 8.7%、<6-9月> 11.6%、<12-3月> 5.8% ■ソーラーECU損失:19% ■その他損失1(配線・バッテリー充放電・制御損失):31% ■その他損失2(駆動用バッテリー充電時損失):<最大算出時> 0.23kWh/日、<平均算出時> 0.10kWh/日 ■JC08モード電費:10.54km/kWh*5 ※影、積雪、経年劣化、出力抑制、駆動用バッテリー満充電による影響は考慮されておりません。※地域別日照条件、システムの各損失を考慮して、当社発電シミュレーションにより算出された値であり、保証値ではありません。
各地の推定EV走行距離[km/日] 札幌:平均 2.4/最大 6.2、仙台:平均 2.4/最大 5.7、東京:平均 2.4/最大 5.3、名古屋:平均 2.9/最大 6.1、金沢:平均 2.4/最大 5.3、大阪:平均 2.6/最大 5.3、広島:平均 2.9/最大 5.9、高松:平均 2.9/最大 5.7、福岡:平均 2.7/最大 5.8、那覇:平均 3.1/最大 5.5
*5. 電費には充電器の効率も含まれるため、換算時にはその効率を除いたものを使用しています。

外部給電 移動する電源、
とも言えます。

付属されるヴィークルパワーコネクターを普通充電インレットに挿し込めば、家庭用とまったく同じ100Vの外部給電用コンセントに早変わり。

最大電力 1500w

■「HV給電モード」時に1500Wの最大出力で使い続けた場合、ガソリン満タン状態から2日程度の電力を供給可能。 ■ 外部給電による住宅への電源供給(V2H*)には対応していません。
 * V2H:Vehicle to Home ■消費電力の合計が1500W以下の電気製品をご使用ください。ただし、電気製品によっては消費電力の合計が1500W以下の場合でも正常に作動しない場合があります。 ■一部の自治体では、駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、アイドリングストップに関する条例にふれるおそれがあります。関係する自治体に確認した上で、適切にご使用ください。

Pocket PHV 離れていても、
クルマのことが手に取るように。

スマートフォンに専用アプリ「Pocket PHV」をインストールすれば、離れた場所から、充電情報やEV走行可能距離が確認できたり、エアコン(冷暖房)の操作まで可能です。

外観

室内

主要諸元表

[ ]はメーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7J アルミホイール、〈 〉はメーカーオプションのソーラー充電システムを装着した場合の数値です。 *1.エンジン、リチウムイオンバッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除され、エンジンが作動します。 *2.AC200V/16A充電時の値。

●燃料消費率や充電電力使用時走行距離および電力消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて大きく異なります。とくに1日当たりの走行距離、バッテリーの充電状態、エアコン使用による影響を大きく受けます。●本諸元のモード走行における表示は”JC08モード”です。
●エンジン出力表示にはネット値とグロス値があります。「グロス」はエンジン単体で測定したものであり、「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。 同じエンジンで測定した場合、「ネット」は「グロス」よりもガソリン自動車で約15%程度低い値(自工会調べ)となっています。

全車、環境対応車普及促進税制の適合車です。ご購入時に自動車取得税の軽減措置が受けられます(平成29年3月31日まで)。また、自動車重量税の軽減措置が受けられます(平成29年4月30日 までに新規登録を受ける車を対象)。さらに、ご購入の翌年度の自動車税について軽減措置が受けられます(平成29年3月31日までの新車登録車を対象)。詳しくは販売店におたずねください。
■“PRIUS”“HYBRID SYNERGY DRIVE”“TOYOTA SAFETY SENSE”“ECB”“VSC”“TRC”“EFI”“T-Connect”“TSOP”“Welcab”“FRIENDMATIC”“TECS”はトヨタ自動車(株)の商標です。 ■道路運送車両法による自動車型式指定申請書数値 ■製造事業者:トヨタ自動車株式会社

to toyota
to home