衝突警報機能(対車両・対歩行者)

走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーと警告灯でお知らせします。

■車両、バイク、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。
■歩行者が大きな荷物を持っているなど、単眼カメラが歩行者として正しく認識できない場合は作動しません。

誤発進抑制制御機能

約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザーと警告灯でお知らせします。

■エンジン出力を制限することで、急な発進を抑えます。
■ステアリングを切ったり、ターンシグナル(方向指示灯)を点滅させていると、右左折の意志があると判断し、システムは作動しません。
■制御時間には制限があります。一定時間アクセルペダルを踏み続けるとアクセル操作に応じて加速しますのでご注意ください。
先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザーと警告灯でお知らせします。

■ブレーキペダルを踏んでいる時に作動します(シフトポジションが[P]・[R]の時は作動しません。[N]の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します)。
■前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。
JNCAP予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+」を獲得。

JNCAP*1予防安全性能評価*2において、最高ランクの「ASV+」を獲得。*3

*1.自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*2.予防安全性能評価:
JNCAPに2014年度より新たに導入され、以下の得点(合計46点満点)により車両の予防安全性能を、「ASV」、「ASV+」の2段階で評価。(2016年度)
①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム>
②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>
③後方視界情報提供装置<バックモニター等>(2015年度から追加)
④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]<プリクラッシュセーフティシステム>(2016年度から追加)
*3.スマートアシストII搭載およびバックカメラ装着車。

よくあるご質問

Q.歩行者・2輪車・自転車も緊急ブレーキで止まるの?
Q.アクセルペダルを踏んでいても止まるの?
Q.ブレーキペダルを踏んでいる場合でも緊急ブレーキは作動するの?
Q.緊急ブレーキで停止した後もブレーキペダルを踏んだ方がいいの?
Q.誤発進抑制制御機能(前方・後方)はピタッと止まるの?
Q.後方誤発進抑制制御機能は壁以外にも反応するの?
Q.雨でも衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)は作動するの?
Q.衝突警報機能と車線逸脱警報機能は夜でも作動するの?

濡れた路面などでしっかり安定性を確保。
VSC*1&TRC*2

雨や雪で滑りやすい路面などにおいて横滑りが発生した時は、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし、車両安定性を確保します。発進・加速時にはタイヤの空転を抑えてアクセル操作をしやすくします。

白く明るい光が夜間走行をサポート。
LEDヘッドランプ

前方を明るく照射しながら、省電力に寄与します。先行車・対向車への眩惑防止に配慮し、車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。
コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)

暗くなったら自動で点灯。
コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)

車外の明るさに応じて自動的にヘッドランプなどを点灯・消灯。夕暮れ時やトンネルの続く山道などで役立ちます。

[X“G package”、MODA“G package”に標準装備。MODA“S”、MODAにメーカーオプション。X“L package・S”、X“L package”にメーカーパッケージオプション。]

コンパクトだからこそ、妥協のない
衝突安全性能を追求しました。

衝突安全ボディ

あらゆる方向からの衝突に備え、もしもの時のダメージを軽減。
衝突安全ボディ

前・後ろ・横からの衝突を想定し、衝突実験を実施。衝突エネルギーを効果的に吸収し、キャビンへのダメージを軽減します。

■写真は説明のために着色したものです。
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
■写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■画面はハメ込み合成です。
■一部の写真は合成・イメージです。