"
csr

CSR基本方針

私たちは、法およびその精神を遵守し、オープンでフェアな企業活動を通じて信頼される企業をめざし、以下のとおり全てのステークホルダーを重視した事業活動を行い、地球環境、地域社会の持続可能な発展に貢献します。

お客様に対して

私たちは、「お客様に喜ばれる会社づくり」の経営理念に基づき、お客様が安全・安心にカーライフを送れるために、かつ、お客様のカーライフを豊かにするために、お客様に真に満足いただける優れた商品とサービスの提供に努めます。

私たちは、道路運送車両法、消費者契約法、自動車公正競争規約など関連法令およびその精神を遵守し、お客様に信頼される営業活動を推進いたします。

私たちは、個人情報保護法およびその精神を遵守し、お客様の個人情報保護の徹底に努めます。

社会に対して

私たちは、事業活動を通じ環境保全に努め、地球環境・地域社会との調和ある成長を目指します。

私たちは、社会・経済の要請に応え、法令を守り、「人間性尊重」の経営を実践します。

私たちは、社会貢献活動を積極的に推進し、豊かな社会の実現に貢献します。

私たちは、交通安全対策へ積極的に取組みます。

取引先に対して

私たちは、取引先を尊重し、長期的な視野に立って相互信頼に基づく共存共栄の実現に取組みます。

私たちは、独占禁止法、下請法をはじめとする関連法令およびその精神を遵守し、公正かつ自由な取引を行います。

従業員に対して

私たちは、「社員1人1人が成長できる会社づくり」の経営理念に基づき、社員が誠実に仕事に取組み、新しい価値の創造を目指すことができるよう、個々人の自己啓発・成長を支援します。

私たちは、労働関連法令の遵守はもとより、社員が生き生きと働けるように、相互信頼・相互責任の精神に則り、互いを思いやり、それぞれの考え方や立場を尊重します。

私たちは、安全で健康的な職場環境作りに努めます。

私たちは、機密情報を厳重に取扱うとともに、適時的確な情報開示に努めます。

暴力団等反社会的勢力排除宣言

トヨタカローラ山口㈱は、平成23年4月1日施行の山口県暴力団排除条例の趣旨に則り、県内自動車販売業界としての社会的信頼を高めるため、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又はこれらの密接交際者、及び過去に民事・行政問題等に関し違法な行為・不当な要求行為を行った履歴のある者など(以下「暴力団等反社会的勢力」)であることが判明した際に、適切な対応が行えるよう、契約条項に「契約解除」や「取引拒否」に関する事項を盛り込みました。

次の事項を基本方針として、暴力団等反社会的勢力を排除することを宣言します。

  1. 暴力団追放三ない運動(「暴力団を利用しない」「暴力団を恐れない」「暴力団に金を出さない」)を実践する為、従業員等への周知教育に努めます。
  2. 暴力団等反社会的勢力に対し、組織全体として毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断します。
  3. 暴力団等反社会的勢力による被害を防止するため、平素より外部専門機関(山口県警察、山口県暴力追放運動推進センター、弁護士(山口県弁護士会民事介入暴力被害者救済センターを含む)等との緊密な連携関係の構築に努めます。
  4. 暴力団等反社会的勢力とは、自動車の販売および整備・修理( リコール・改善対策・サービスキャンペーンを除く)などその他一切の商取引を行いません。
  5. 暴力団等反社会的勢力による不当要求に対し、従業員の安全確保に配慮しつつ組織として対応し、迅速な問題解決に努めます。
  6. 暴力団等反社会的勢力による不当要求に対しては、民事及び刑事の両面から法的対抗措置を講じるなど、断固たる態度で対応します。
  7. 暴力団等反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠蔽するための裏取引等を一切行いません。

2016年7月1日

トヨタカローラ山口株式会社

代表取締役社長 卜部 治久